青のベンチと考古学 / リング○

7,500円(税抜)

  • サイズ
  • 購入数

特定商取引法に基づく表記

13:40


考古学者と学生の少年

鉱物 史跡 思想
年代物の懐中時計
ツイードのジャケット

木陰のベンチで
進みゆく時代を語りあう

時の地層を積み上げてきた史実は
なぜかセンチメンタルで
どこかサディスティックだ

日没まで
今日の思索が尽きるまで




◇素材 
 Silver925

◇仕様
 指輪

◇サイズ
 モチーフ:約H11mm
 アーム:1.5mm丸型



第四集
ー果実と星がめぐった日ー

過去未来に属さない
純なる「今」はどこにあるのか。
動物や虫や街や森や星たちの「今」は
どこで繰り広げられているのか。

それは紛れもなく日常のなか、
何でもない平凡な1日のなかで起こっている。

音もなく映し出される秘密のドラマがある。
人知れず過ぎていくいのちの躍動がある。
慎ましく緩やかな流れのなかに
ひどく暴力的な現実が映される時もある。

誰もが知っているが誰も目を向けない鮮烈な瞬間を見つめた時、
この世界は美しくかがやくだろう。

夜をこえて、悲しみをこえて、天体はぐるぐるまわり朽ちていく。
生命はみるみる実り熟していく。
世界はすべてを乗せてめぐっていく。